スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日RCCMの合格発表

3月1日RCCMの合格発表があった。
合格された方、おめでとうございます。これらか、がんばってください。
惜しくも涙をのまれた方は、これから努力して、また来期に向け努力しましょう。
きっと結果はついてくると思います。

◆RCCMとは
RCCM(シビルコンサルティングマネージャ:Registered Civil Engineering Conlsulting Manager)は、建設コンサルティング業務の管理技術者・照査技術者になるための資格であり、(社)建設コンサルタンツ協会が実施する民間資格である。

この資格は、建設コンサルタント限定であり、建設コンサルタント登録を行っている企業及び個人のもとで勤務している者でないと取得、登録できません。
また、合格後、登録のためには、指導技術士がいることが条件であります。

この資格の目的は、第2条で述べられている。以下、抜粋
 この規程は建設コンサルタント等業務にかかわるRCCMの資格を定め登録することおよびその活用がはかられることにより、建設コンサルタント等業務を円滑かつ的確に遂行し、かつ業務成果の技術水準を高めるとともに建設コンサルタント技術者の地位向上をはかることを目的とする。


◆今年度の合格率の推定
今年度の部門別合格を、「01:河川、砂防及び海岸・海洋 」、「04:道路」、「13:土質及び基礎」、「14:鋼構造及びコンクリート」、「16:施工計画、施工設備及び積算」について以下の表にまとめてみた。

 試 験 日:2009年11月8日(第2日曜日)
 合格発表:2010年3月1日


申込者数(人)

 ②
合格者数(人)

③=②/③
推定合格者数

§1.東京会場
01:河川、砂防及び海岸・海洋  

244

88

36%

04:道路 

406

96

24%

13:土質及び基礎 

79

26

33%

14:鋼構造及びコンクリート 

124

26

21%

16:施工計画、施工設備及び積算 

147

35

24%

§2.大阪会場
01:河川、砂防及び海岸・海洋  

387

103

27%

04:道路 

454

97

21%

13:土質及び基礎 

118

24

20%

14:鋼構造及びコンクリート 

133

46

35%

16:施工計画、施工設備及び積算 

66

15

23%

§3.福岡会場
01:河川、砂防及び海岸・海洋  

223

63

28%

04:道路 

387

102

26%

13:土質及び基礎 

108

41

38%

14:鋼構造及びコンクリート 

114

43

38%

16:施工計画、施工設備及び積算 

64

14

22%

 ※)今回の推定では、末尾の合格者を受験者数としました。
また、未受験者についてはカウントしていないため、合格率は受験者数からみると4~5%程度は低くなると考えられる。

今年度の合格率は、平均してみると約28%であった。
昨年と同等ぐらいの合格率だろうか?

今年度から22番目の分野として建設情報が新設されました。
東京会場で約30%、大阪37%、福岡43%程度に結果であった。また、この分野で79名の方が合格されている。

スポンサーサイト

本日はRCCM試験

本日はRCCMの試験である。
私は、昨年から受験していませんがこれまで3連勝はできた。また必要になった場合は、受験することになるだろう。

今回のポイントとしては、やは問題4の4-1の基礎択一と4-2の専門択一が合否のカギとなるだろう。
特に専門択一は確実に得点を稼ぎたい。

◇試験内容

 問1 経験論文 論述 2,400字、B4答案用紙4ページ 午前中の2時間
 
 問2 一般知識 択一(四択) 40問
 問3 管理技術 論述 1,600字、B4答案用紙2ページ
 問4-1 基礎技術 択一(四択) 20問 (土木建設分野に共通の基礎知識)
 問4-2 専門技術 択一(四択) 20問中10問選択
  問2から問4に関しては昼からの試験となり4時間5分13:10~17:15

◇問3の予想

最近の出題テーマとしては、コスト縮減・品質確保およびプロポーザルや総合評価方式・事業評価、またコンサルに求められるアカウンタビリティ(説明責任)といったテーマに大まか限定されています。

これまでのパターンとしては、何年か連続して出題されたら次のテーマに変わるという傾向が強く感じます。
今回は、「現場に適合する設計」「職業倫理」が大本命と考えます。
また、現場に適合する設計において枕言葉に「環境負荷低減」「地球温暖化」等もあるかもしれません。「あなたの考え方を述べなさい」といった自分の意見を求める問題になるかもしれません。

受験される方、最後まで時間のある限り頑張ってください。

試験の概要

 麻生政権による景気対策の目玉として3月末から始めた高速道路の1000円乗り放題に伴って、地方における休日の高速道路交通量は前年に比べて1.2~1.5倍という高水準で推移しているようである。
 国土交通省は宿泊費などの観光消費が7300億円増えると見込んでいるほか、物流コストも約2000億円削減できると試算している。

 

 この1000円乗り放題をめぐる評判が良いため、政府・与党は急遽この8月の帰省シーズンに合わせて、6、7日と13、14日の平日にも1000円乗り放題を実施することにし、今日がその2日目となった。
6日は、10キロ超の渋滞が各地で発生したが、予想の「2倍程度」までの混雑には至らなかった。
さて、盆の最中でこの交通流を分散できるかが本当の山である。

 しかし、この料金値下げで喜んでばかりはいられない。
関西発着のフェリーなどでは、利用者をこの政策に奪われ、存続の危機が危ぶまれ、「バランスを欠く政策」と反発の声も上がっている。
 実情は、関西発着のフェリー8社の平成21年4~6月の乗船実績は前年同期比2割減、お盆期間中の予約は例年の3割以上減となる見込みと試算されている。諸経費に占める固定費率が高い業界のため、減収は赤字に直結するといわれている。偏りのない政策であるべきであるが、完全にすべての所得底上げは難しいのが現状である。 


 前回に引き続き、今回は1級技術者資格について紹介します。
これまで、この試験では、①「経験問題」、②「共通問題」、③「専門問題」が行われ、その③の専門問題については、筆記試験と択一式によるものであった。
今年度から、記述式を重視し、専門問題による択一は行わない趣旨の受験案内書になっている。

その代わりに受験要件で択一による専門力を判断しようとするものだと思う。

 

1.筆記試験の概要
 筆記試験の概要は、以下の表のとおりである。

問題の種類

問題の概要

解答時間

問題数と解答字数

経験問題受験者の業務経歴に関する問題10:00~11:00記述1問1,000 字以内
共通問題技術者倫理等に関する問題11:30~12:30記述1問1,000 字以内
専門問題

受験者が選択した分野についての専門技術知識に関する問題

14:00~15:30

記述1問1,000 字以上2000字以内


2.試験内容
1)共通問題
 この試験は、②共通問題では試験の目的に記載している、土木技術者としての倫理観があるかを問題としているため、倫理に関する出題となっている。

2)専門問題
 専門に関してこれまでの過去問を見ると、専門分野において1問のみの出題となっいている。
そのため、その問題が分からなければ、記述できないことになる。

紹介 来月の12日

9月12日は、「土木学会認定試験」、「農業土木技術管理士」の試験があります。
私たち技術者にとって今後必要な試験であると思いますが、どちらも国家資格ではありません。
しかし、入札要件になっているものもあります。
個人で必要かどうか考えて、今後検討、受験されては如何でしょうか?

①「土木学会認定試験」
 この資格は、プロポ等への配点にも影響すると思いますが、最近の分からこの試験の評価点がなくなったような気がします。
参考:建設コンサルタント業務等におけるプロポーザル方式及び総合評価落札方式の運用ガイドライン H21.3(これによる資格としては、技術士資格(○○部門)、博士(工学)、RCCMになっている。)

目的としては、倫理観と専門的能力を有する土木技術者を土木学会が責任をもって評価し、これを社会に明示することとしています。

②「農業土木技術管理士」
 この資格は、土木の分野でも農業土木に関する内容ですので、国土交通省の業務を行う方はなじみのない資格だと思います。

「農業土木技術管理士」とは、(社)土地改良測量設計技術協会が行う試験に合格し、登録した者をいいます。
「農業土木技術管理士」は、農業土木関係のコンサルタント業務に携わる責任ある技術者として、その技術上の事項を管理、又は照査する専門的応用能力を有すると協会の会長が認定し、資格登録した技術者です。

②については、取得済みであるため、「土木学会認定試験」にリベンジします。
あと1ヶ月あまりであるがモチベーションを維持していきたいと思います。
②の試験も最近では、農政関連の業務に要求されるようになりました。

力不足

現場が終わり、会社から帰宅したら土木学会から「通知書案内」がありました。
どきどきしながら、確認すると
       【不合格】でした。

受験後の感想は、試問の解答はできたため大丈夫だろうと思っていただけに口頭試問も怖さを知りました。

本当にショックで立ち上がれそうにありませんでした。
しかし、気持ちは入れ替えなくてはいけないと感じています。
今まで、資格試験を多数受験し不合格も受けましたが、最大に”きつい”と感じた不合格でした。

口頭試問では、質問事項については答えることができましたが、提出論文の低さもあったかもしれない。通知書は、結果のみであるため、評価点の何処が不足しているか判りませんが、今後はこれらを満足できるような技術者にならなければ試験を合格することはできないと感じた。


最後に、今回、御指導頂きました方々に改めてありがとうございました。
本当に申し訳ございませんでした。
これが終わりでないため、気持ちを整理したいと思います。
早く気持ちを入れ替えて、仕事、勉強に励みます。
今週で今期最後の納品、検査が終わります。
水曜日からは、新年度が始まりますので、今回の審査結果を反省して「技術士合格」に向け前に進みたいと思います。

 | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。