スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力不足

現場が終わり、会社から帰宅したら土木学会から「通知書案内」がありました。
どきどきしながら、確認すると
       【不合格】でした。

受験後の感想は、試問の解答はできたため大丈夫だろうと思っていただけに口頭試問も怖さを知りました。

本当にショックで立ち上がれそうにありませんでした。
しかし、気持ちは入れ替えなくてはいけないと感じています。
今まで、資格試験を多数受験し不合格も受けましたが、最大に”きつい”と感じた不合格でした。

口頭試問では、質問事項については答えることができましたが、提出論文の低さもあったかもしれない。通知書は、結果のみであるため、評価点の何処が不足しているか判りませんが、今後はこれらを満足できるような技術者にならなければ試験を合格することはできないと感じた。


最後に、今回、御指導頂きました方々に改めてありがとうございました。
本当に申し訳ございませんでした。
これが終わりでないため、気持ちを整理したいと思います。
早く気持ちを入れ替えて、仕事、勉強に励みます。
今週で今期最後の納品、検査が終わります。
水曜日からは、新年度が始まりますので、今回の審査結果を反省して「技術士合格」に向け前に進みたいと思います。
スポンサーサイト

現場でのひと時

世間は3連休の方の多いですが、Boxの調査を行った。

実際の作業内容はというと、部材の健全度調査、劣化状況の把握であった。結果は、老朽化による劣化があり補修等の対策が必要なものもあった。
また、これまで維持管理してないなことがよくわかった。
それは、縦断勾配がない小断面Box内の約半分くらいが、滞砂またはヘドロで断面を阻害していた。

これでは、大雨時は通水断面が確保できず溢れても仕方がない。これにより床下浸水などの災害も起こすことも考えられるため、まずは堆積物の除去が必要だろう。
また、詳細点検をしながら、劣化部材における補修対策等も考えなければいけないだろう。

これまで私たちの生活を支えてきた構造物が耐用年数を迎え、補修補強または更新の時期が近づいている。
まだまだ、見えない地下構造物、すべての構造物も現状把握を早急に調査して、今後の対策を考える必要があると考えている。早めの調査、補修することで、これから訪れる膨大な更新費を効率的に効果的に分散することが可能となりコストを抑制することは可能となる。

◆春がわかるひと時

現場での作業の昼食時間にこの2日間で大きく変わったことがあった。
それは、桜の開花である。
前日は2~3分咲きかなと思っていたが、夕方にはさらに開花でいることが目に見え、気温も暖かいために開花の時間を体感できた。

1)前日の写真(2~3分咲き)
0320-10320-1
2)今日の写真(8分咲き)
0321

もう10日もすれば新年度である。

多忙にして業績は伸びない

今は年度末であるため、最後の追い込みの時期となっている。
業務数は少ないが、要求事項と協議が増大してなかなか思うように仕事が進んでいない。

「品確法」の影響か、以前は納品時に検査を兼ねていいたが、現在、納品と検査が別の日程で市町村でも行われている。
この時期に2日間にわたり拘束されることは大変時間的な制約から厳しい。
特に遠方となると更に時間とコストがかかってしまう。

企業としては、時間とコスト管理はこのご時世特に大事であり、死活問題でもある。
残すところ、10日間ですが、皆さんミスの無いよう、手戻りがないように頑張りましょう。


余談ですが、「品格法」とは、平成17年4月1日から施工された、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」である。
価格と品質が総合的に優れた契約を公共工事の契約の義務と位置付けられている。
これにより、受注する企業の適切な施工や技術力のモチベーションを高めることで、公共工事の機能、利便性を高めた質の高い社会資本のが形成できる。

二次製品の塩害

現場に行ってこのような損傷を見つけまいた。
2次製品側溝の塩害による損傷である。

今までプレキャスト製品のかぶりについては気にせず、二次製品であることで製品の品質が確保されているという固定観念で使っていましたが、当然塩害等の影響はあり写真のようにスリット側溝の鉄筋腐食によりコンクリートが剥離していた。
これは腐食環境下にあれば当然のことである。
プレキャストの二次製品を使用する際には塩害対策も考慮して設置する必要がある。

ちなみに写真のプレキャストスリット側溝は、約20年弱経過しており、沿岸部で約20m上空の位置にある。
側溝のスリット端部は、鉄筋腐食により膨張しコンクリートが剥離している。そのため、鉄筋とコンクリートは断面欠損することで側溝の耐力も低下している。
鉄筋がむき出しになっている箇所もあった。

HI380079_convert_20090313213541.jpg
以下の写真は溜桝であり、グレーチングの枠はボロボロで腐食し欠損している。
HI380076_convert_20090313213648.jpg
塩害対策が必要な個所は全ての構造物で同様であるため、プレキャスト部材も腐食環境において耐久性を確保できることが必要である。

塩害だけでなく、腐食環境下においては耐久性に対する照査を行い、対策を施した構造物、製品にすることが今後の維持管理の軽減とLCCに考慮した構造物となる。

プレキャスト製品についても、長期的なLCCと製作単価により最適な製品を決定し使用する必要があると考えている。

見通しの暗い現状

年度末の納品の追い込みの時期になっています。
毎日、協議と報告書の作成に追われているといった感じです。

もう少し、効率よく仕事もしなければいけないが、電話協議等にも追われる始末である。
工事も並行しているため、その対処にも追われている。

業務も追われてしまえば、良い成果はできない。
チェック体制をしっかりしたいが、この時期はどうしても人手がほしいが皆忙しい。
少ない時間で効率よくチェックするしかない。
間違いのない成果に努めたい。

その他に今後の大問題がある。それは、来年度の売上である。
今年の売上も下降したが、さらに来年はまだ先が見えない。対策も考えなければいけないが、なかなかよい良い対策が見つかれない。このままでは、来年度の目標もほど遠い。
給料カットなどの対策しかなさそうである。厳しい暗い世の中となっている。

発注量も激減しており、先細りの状況である。地元の中小企業が生き残るためには、発注者のかゆいところに手が届くパートナーとしてよい成果を納めるしかない。

◆技術者単価
今年度の、「国土交通省平成21年度日額人件費」先日発表されたが、今回驚くことに、主任技術者が最も高く3.1%技術者単価が上がった。
全体的には、2.1%の増となり、200円から1700円まで全体が増額されている。
大変嬉しいことである。

しかし、やっと技術者としての評価上がったと思われるが、低入札での差額が大きいため、今後どのようになるか不透明である。

会社の利益があり、国民の納税あっての社会が安定する。また、それにより、今後の必要な公共事業はできるのではないでしょうか?
まだまだ、必要な道路はあり、今後増える老朽化した橋梁は2050年には半分以上が供用後50年以上経過することとなり、補修・補強が必要になる。

企業に利益がなくなれば、中小企業の多い田舎では町が成り立たなくなる。
法人税も個人所得税も下降するばかりである。
内閣府発表の10~12月GDPを0.6%上方修正されたが、それでも12.1%と今後はまだ下降していると予想される。参考GDP

また、今の国会の在り方は本当に疑問がある。
議員については、早急に私たちの所得の中での税金を無駄なく大切に使い、正当な「国民のための政治」をしてほしいものである。
ひとりひとりが真剣に考え、声を発し立ち上がり、この国を建て替えなければいけない時期なのかもしれない。

平成20年度 技術士合格発表

本日、平成20年度の合格発表がありました。

合格された方は、合格おめでとうございます。

この試験は、受験申込から合格発表まで長丁場であり、約1年間の月日を要します。
本年度の願書も4月1日からインターネットで受け付け開始です。


技 術 士
 技術士になるためには、21技術部門の中から選択する1技術部門について、自然科学を基礎とした幅広い知識と高等な専門技術の豊富な経験による総合的な判断能力、応用能力が必要となります。

 ※技術士についての詳細は、「技術士制度について」に記載されています。

合格発表は以下のURLにあります。
文部科学省
日本技術士会

目 標
 昨今の低迷した経済、政治不信など明るい話題がないわが国を明るい方向へ導くためにも、この「技術士」の社会認知をあげ、活用できるように早く取得したいです。
一般の方々のご理解を頂くためには、パスポートであるこの資格は必須です。
幅広い視点も持ち、総合的な判断能力を養えるように、日々の業務を通じ合格に向けて頑張ろうと改めて感じている。
来年の今頃は、合格を手にしたい。

新しい生

先日、子供が生まれました。
たいへん元気で立派な女の子でした。
妻は、生まれるまでの厳しい陣痛に耐え、無事生んでくれました。
本当にお疲れ様でした。「ありがとう」と感謝した。

生まれる2日前までは、おなか、腰が痛いと本当に辛そうでした。
私は、何もしてやれないもどかしさがあった。
男は耐えられないと言われているこの出産をみると本当の「生」のありがたさが分かる。
厳しいこの世の中に生まれた、この大切な命を大事に立派に育てたいと思います。

女性は本当に強いです。
男は出産のときに、言葉しか発することができない。
これが男性と女性の違いです。
男として、これからできることをしっかりとやらなければならない。

今後ますます社会の不安は増します。
政治は、「政治献金問題」で争点はずれ、国民のために動いているとはみえない。
国民のためにあってほしいものである。
今しなければならないことを国民の目線で議論し、結果を出してほしい。
このままの政治では何も変わらない。
無駄な時間を使わず、今しなければいけない問題を解決してほしい。

このような社会であるからこそ、親としてちゃんとした道を導きたいものでる。
気を引き締めて、目標に向かって頑張ろうと思う。

気圧による副振動

海面振動というあまり聞きなれないことばが目に付いた。
 海面上のわずかな気圧の変化、振動によって引き起こされる副振動で海面がゆっくり上下する振動である。

Wikipediaを引用すると、
外洋で発生した津波や気圧変動、風の影響などによって発生した波が湾内に入り込んで反射して共鳴を引き起こすことが要因として考えられている。
と記されている。

発生した振動が進むうちに、湾や港の地形形状や水深の変化などの影響を受けて、増幅し海面の高さが激しく変化することがあり、先月24日夜から25日にかけてこの副振動が観測された。

天草では197cm枕崎では143cm、日南でも70cmの副振動が確認されている。海面の高さが変化して、船の横転、住宅の浸水する被害が発生した。
日本から大陸にかけてのびたほとんど動きのない停滞前線の近くで起きた気圧の変化がきっかけになったようであるが、今回の規模の大きさは珍しいようである。

これまでの記録を見ると、1979年には長崎検潮所での観測で278cmを記録している。

気圧の変化により起こると予想されるこの現象であるが、気圧が1ヘクトパスカル下がると海面の高さは1cm上がる。
また、中国大陸近くの海上で起きた振幅は増幅し、日本沿岸にくると約50倍になるともいわれている。
発生する場合の周期はその湾の地形などによって決定される固有振動数が影響し、振幅にも地形が影響するようである。

地震による津波も怖いが、これは、現在の技術では予測は極めて困難である。

 | HOME | 

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。