スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防保全

◇長寿命化修繕計画策定事業費補助制度

標記内容の補助事業について、日経コンストラクションで書かれていた。
国土交通省が2009年度に新たに導入した施策であり、自治体の管理する橋梁の健全度調査への補助である。今回から予防保全に向けた修繕計画に必要な点検業務へも1/2負担となった。

わが国の道路橋は、昭和30年代から始まる高度経済成長期を中心に大量に建設された。
これらの橋梁にも寿命があり、材料、環境、使用条件、維持管理により耐用年数は違うが、アメリカでは1980年代に約50年経過した橋梁の落橋や通行止めが相次ぎ「荒廃するアメリカ」といわれ、大きな社会問題となった。

一方、わが国でもアメリカに約30年遅れ2010年頃から、架設後50年経過する橋梁が急増する。
既存の社会資本ストックは、15m以上の橋梁で15万橋と膨大である。また、設計耐用年数50年とした場合の橋梁は、2025年には5万橋以上となり膨大な橋梁の高齢化が進行する状況にある。

このような状況の中、これまでの損傷などの問題が発見されてから対処する「事後保全」から、軽微な損傷から補修する「予防保全」することで橋梁の余寿命を延命化することが可能となる。
また、早めに修繕することで、計画的に維持管理することでLCCも低減できる。

都道府県が管理する約45,000橋のうち、2007年度末での修繕計画を完了しているには26%、市町村に至っては約9万橋のうちの3%にすぎない。
これから、この事業が加速し、橋梁の維持管理業務が加速するだろう。

そこで気になるのが、この修繕計画の作成のレベルはどこまでだろうか?
市町村においては、これまで橋梁台帳すら更新されていない状況であり、これからどのレベルで橋梁点検し維持修繕計画をたてるのだろう。
各自治体で点検要領も作成されているが、点検とその後の修繕計画を立案するLCCを考慮したアセットマネジメントへの受け渡しが重要だと考えている。
修繕計画を見据えた点検項目、点検手法も大事である。

予防保全で大事なのが、予測である。コンクリートの劣化曲線等は論文で出されているが、架橋された環境により相当な差となるだろう。

その差は、今後点検しながら品質試験も取り入れ、架橋条件毎のデータを一元管理できるようなデータベースができれば、劣化予測、補修工法等も効果を発揮できるだろう。

地方自治体はひっ迫した予算の中で、最低限必要な情報で最大の効果をだす修繕計画を策定しなければならない。そのためには、長期的に利用できるアセットマネジメントを見据えた計画が必要であると考える。
スポンサーサイト

筆記試験まであと100日

時間の経つのは、とにかく早い。
もう筆記試験まで100日となった。

これからの時間は、これまでの勉強の成果を自分のものとするために特に大事である。

さて、今回コンクリート診断しの講習会にいきました。

今回の受講者数は、12会場で4550人程度だそうである。
昨年度より受講者も増加傾向にあり、現在の維持管理分野への関心とこれからのコンクリートの診断技術への期待が伺えます。
今年の診断技術のテキストには、「土木学会の維持管理編-20007度版-」も若干反映されているようだ。

昨年の受験者は4888人ですので、今年は昨年度の受講者と本年度の受講者数からして、6000人程度の受験者数になるのかもしれません。

技術士と合わせ、こちらも幅広い視点を持ちながら先へ進みたいと思ます。

国土交通白書 2009公開

◇白書公開
先日(4/21日)、今年の「平成20年度 国土交通白書」が閣議で配布され、HPでも公表されています。
もうすでに白書については、みなさんBlogで紹介されています。

今年の白書のテーマは、
【私たちの暮らしを支える国土交通行政の展開】~厳しい経済状況下でも暮らしを守り活力づくりに挑む~

これは、あまりにもひろい?いや、何か国土交通省のアピールにしか見えない。
もう少し、具体策がほしいところであったが、今の厳しい経済状況を踏まえてこのテーマになったのだろう。

昨年の「地球温暖化」については、平成25年以降の地球温暖化のポスト京都議定書に向け議論されたが、これまで世界に先駆けて省エネ化した日本の方が、容易に削減可能な欧米諸国に比べコストがかかるといった現状からなかなか難しい問題である。
IPCCが指摘した削減はほとんど達成できず、最もあまいものは7%も増えるようである。

また、この問題には経済の低迷も含むため、経済と環境の両立を考えた場合につばぜり合いがつづく。このようなことから、国土交通省としてもあまり大きく取り上げられなかったのだろうか~?

しかし、私たちができる地球温暖化対策を行うことは大切である。



       ~~~目 次~~~
第I部 私たちの暮らしを支える国土交通行政の展開
~厳しい経済状況下でも暮らしを守り活力づくりに挑む~

 ・第1章 私たちの暮らしの現状と課題
 ・ 第2章 私たちの暮らしにおける今後の国土交通施策

第II部 国土交通行政の動向



◇建設一般
今年の建設一般の予想問題としては、以下のような問題はどうだろうか?

①平成16年度の「活力ある経済社会を構築するための社会資本整備のあり方」
・・・・・世界的な大恐慌、少子高齢化etc.

②良好な社会資本整備を目指した公共事業のあり方
・・・・・品質確保、公共調達、建設産業の取組みetc.

まだ、予想されるものはありますがキーワードとして、「観光立国」、「地球温暖化」、「地域活性化」などもやはり押さえているべきではないだろうか。

技術士試験まであと110日

早いもので技術士試験まで、あと110日です。
インターネット申請をされた方も多いでしょう。
この申請も今週の16日(木曜日)までです。
その後は、窓口・郵送での受付で5月7日(木曜日)までとなっています

もう、すでに熟成された受験生で自分の意見として仕上がっている方もいらっしゃると思います。
しかし、私は、まだこれからと気を引き締めて頑張らなければいけない時期であると感じています。
焦り始めているかもしれません。

最近読んだ本に、「精神的な反省するな、技術的な反省をしろ」
と書かれていた。
なるほどと感じる文言である。

精神的な反省をした場合、ネガティブになります。マイナス的な反省にしかならず、気がめいるだけです。与えられた試練だと思い頑張るしかありません。
また、反対に技術的な反省はするべきです。

「なぜできなかったか?」「何が必要だったか?」などこのなぜを自分なりに冷静に反省、分析することで道は開けると信じるようにしています。

これからは、時間を見つけて業務、日常の中からも勉強です。

お宮参り

気持ちのいい晴天であった。
桜も散り、葉桜となったが風と共に桜吹雪が舞い、気温も26度と初夏を思わせる天気であった。

◇お宮参り

本日、長女のお宮参りにいった。
なかなか朝の支度が捗らず、予定時間には着かなかったが、待たずに祝詞をあげて頂くことができて感謝でした。
今回のお宮参りは、びっくりするぐらい多かった。
数家族と思っていたが、私たちの後も続々と来られていた。

少子高齢化といいながらも、少し安心した。
ただ、今後この子供たちの未来は、私たちがつくっていかなければならない責務を感じた。
まだまだ、私たち技術者が解決しなければいけない課題も山積されている。
(安全安心なまちづくり、地球温暖化対策・・・)

元気にやさしい子に育ってほしい。

技術士の受験申請

最近なかなか勉強ができなかった。
繁忙期をなんとか乗り切り、甘えがあったのかもしれないと反省している。

現場対応や緊急な検査などがありバタバタとした日々であった。
自分の工程どおりにいかなかったためにイライラしが、これからは時間を大事に効率的に勉強していこうと思う。

◇受験申請
前日、インターネット受付にて受験申請を行った。
すでに、入金と写真の提出は終わったが、まだ、「受理しました」のメールが技術士会からこない。
いなかものさんのBlogでも5日かかったと記載されていた。
これがこないと安心できない。

インターネット申請ができるようになり、紙の願書と違い申請が早くなったと感じている。
時代の流れであるが、受験料の手数料、郵送等の手数料と安価になり、作業性、コスト面で助かっている。
しかし、これまでの試験の願書は手書きであったため、受験者の気持ちが入っていることがわかったが、機械的なインターネット申請にはそれは読み取れないのだろう。
先日、後輩の土木施工の願書をみたが、あまりにもなぐり書きで心を感じられなかったので注意した。汚い字でも気持ちを入れた願書であってほしい。

受験の論文でも同じことはいえるだろう。

受験申込み完了

最近、なかなか勉強ができなかった。
業務の最終追い込、現場での細かいミスの変更設計や検査などの予期せぬ業務が立てつづけに舞い込み時間がなくなってしまった。
これまでのこのようなことは日常茶飯事であるが、計画どおりにいかないとイライラするものである。

これからは、試験に向け大事な時期でもあるため、計画以上を遂行するつもりでなればいけない。

◇受験申込み完了
昨夜、インターネット申請にて申込みを行った。
入力は本当に簡単であるが、なかなか、申請までを押せなかった。
やっと申込みが終わったとほっとしている。

すでに、写真と入金までは終わったがまだ「受理しました」の報告がこない。
インターネット受付の受験者数が多いのだろうと思う。
いなかものさんのHPでも5日かかったと記載されていた。

これからが本当の勝負の始まりである。
今まで以上に効率的に時間を見つけ、勉強をする必要がある。

心機一転 気を引き締めて

新年度になり、新しい組織で業務を迎えることとなりました。
今年度は、わが部署には新入社員は配属されませんでした。

今年度は、仕事は当然きっちりとすることを前提とするが、それに増して計画的に資格を取得しなければならない。
前年度は、気だけが先走りして、結果を出せなかったことを反省し、確実に自分の力となるように業務を中心として日常生活でも考える力を養いたいと考えています。

業務については、先が見えない不安な情勢および業界であるますが、まず、できることを確実にミスのないように社会貢献したいと思います。
また、これまでやってきたボランティアもやっていこう。

今年度も皆さん頑張りましょう。

 | HOME | 

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。