スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路の35区間前後を無料化へ

これまで民主党の目玉であった「高速道路の無料化」について方針がでた。

国土交通省は、1月8日に高速道路無料化に向けた社会実験を合わせて今年の6月から行うことで調整していた。

以下朝日新聞より引用。

 

高速無料化、30路線程度に 6月から沖縄・北海道など (朝日新聞社)

 前原誠司国土交通相ら国交省政務三役は、全国の高速道路のうち30路線程度を6月から無料化する方針を固めた。沖縄県や北海道など交通量の少ない地方が対象。高速道路総延長(約8500キロ)のほぼ5分の1にあたる1500キロ程度が無料化される見通し。2月2日にも発表する。

 無料になるのは、北海道横断道、山形道、山陰道、東九州道、沖縄道など約30路線の全区間または一部区間。6月から実施予定で、対象路線ではETC搭載の有無や車種にかかわらず、すべての車の通行が無料になる。

 全国の高速道路(首都高、阪神高速、本州四国連絡橋を除く)を対象に「交通渋滞が起きにくい」「鉄道など他の公共交通機関への影響が少ない」などの基準で選定を進めた結果、東名・名神高速など交通量の多い主要幹線は無料化されない見通しとなった。

 国交省は当初、主要幹線以外の大半の路線を無料化できる6千億円の予算を要求していたが、財務省との折衝で1千億円に圧縮された。無料化は社会実験と位置づけ、経済効果や他の公共交通機関への影響などを検証した上で、翌年度の無料化路線を決める。

 前原国交相は、車種別に上限料金を設ける新たな料金制度も導入する方針。民主党の要望を受け、高速道路料金の割引財源を道路建設などに回すことができる法改正も検討している。

 


独立行政法人高速道路機構で現在の高速道路の料金収入はどれくらいあるのだろうか?と内容を確認した。
高速道路事業関連情報(平成20年度)にてその内訳をみたら、高速道路会社6社による料金収入は2.4兆円であることが分かった。
ちなみに、全国路線網が、1.9兆円でその他の首都高速道路(バイパスなどを含む)の料金収入が0.5兆円であった。

国交省が当初10年度予算の概算要求では社会実験の費用として6,000億円を計上したが、厳しい財政事情から1,000億円に圧縮された。この圧縮された予算に対して検討した結果、30路線の35区間前後を抽出されたのだろう。
この無料化実験の対象区間は、利用者促進の観点から通行量の少ない区間などの条件から中心に選ばれたようである。

この実験で翌年の無料化路線を決定するようであるが、どこまで踏み切れるか?
目的を明確にして、これらの政策の意図を国民に伝えてほしいものである。
スポンサーサイト

今年中に日本超え

最近、出張での現場調査や測量などでなかなか更新ができなかった。
それにRCCMの更新における自主学習などで時間があっという間に過ぎていた。
この内容も勉強になることが多かった。
特に、契約関係や品格法に関する内容は良いものであったと感じている。

◇日本超え世界第2位の世界大国に
 ついに中国が国内総生産(GDP)で日本を超えそうなことがほぼ決定的となりつつあると
報道された。
21日の中国の09年の名目GDPを同年の平均為替レートでドル換算すると4兆9090億ドルで
国際通貨基金(IMF)の予想を基に内閣府が試算した09年度日本は5兆950億ドルと1860億ドル
の1兆7410億円程度の差である。
これは、国家予算の「こども手当」における国負担の一般会計ベースとほぼ同額である

これまでの日本の技術が大きく貢献しているのでないかと感じている。
技術もただではない。
今後日本が得意とする技術をさらに向上し現状を維持、奪回するために技術研鑽に努める必要があるとさらに感じた。

これに相反して、社内では更なるコスト縮減、人件費削減がかなり迫れれている。
本当に、この先不安である。

打開策を見つけなくては、先がない。

大雪に見舞われた

◇積雪
こちらはこの冬一番の強い冬型の気圧配置の影響で大雪に見舞われ、雪に馴染みのない我われは交通において大変大きなダメージを受けた。
帰宅には、なんといつもの3倍から4倍の時間を要した。

30分程度停車した状態の場所もあった。
改めて雪の恐ろしさを感じた。

いつもはスムーズに通勤できるところが、帰宅時にはみるみるうちに積り始めクレスト(凸型)部分に近づくにつれ積雪による路面のスリップを感じた。


積雪
20時時点での道路の様子

また、積雪してからは感じなかったが、昼間にも山間部における部分的な積雪による路面凍結もあった。
この部分における排水性舗装箇所の走行において、路面凍結時の効果で薄い氷膜(ブラックアイス)および薄いシャーベット路面での効果があることを今回改めて実感した。
山間部でも金額および管理面で大変にはなるが、排水性舗装(開粒度舗装)も有効であると感じた。
主要な道路では、このような対策も有効であろう。

飛行機業界の波

◇機内での新聞サービス廃止:ANA、JAL、SNA
これを飛行機に搭乗し実感いたしました。
キャビンアテンダントにも確認し、1月5日より廃止ですとはっきり言われました。

2010年1月5日より廃止
ANA:国内線普通席、国際線エコノミークラス
JAL:国内線クラスJ・普通席、国際線エコノミークラス
SNA:SNA全路線、全便


JALのHPでは、
国内線「ファーストクラス」、国際線「ファーストクラス」「エグゼクティブクラス」「JALプレミアムエコノミー」におきましては、引き続き新聞のご提供を継続しているようである。

全日空は新聞サービス終了により「1年で3億6000万円のコスト削減」になるそうですが、機内の新聞サービスは、うれしいサービスだったのですが残念です。

ただ、現状をみるとやむを得ないのですが、サービスよりまだあるであろう社内でのコスト縮減が先でもよかったのではないでしょうか?

これも時代の波なのでしょう。

◇機内より 高度1万mの世界


国内線におけるジェット機は6000~12000mくらい、国際線のジェット機は9000~14000mくらいを飛行しているとのことである。ジェット機の飛行高さは、対流圏と成層圏の境目あたりを飛行していることになる。

雲の上は晴天であったが、地上はくもりときどき小雨だった。
寒い一日であったが、雲の上は別世界である。

本格的に始動です。

4日から官公庁は仕事始めとなり、本年も本格的に始動した。

年明け早々に、日航融資枠が新たに1000億円の拡大により総額2000億円に倍増することを決めたため、日本経済はやや幸先よいスタートを切った感じではないでしょうか。

また、オバマ大統領の影響からか鳩山首相も今日から「Twitter」を始められました。
1月2日から「鳩cafe」というブログも始められたようである。

これからの日本再建に向けて頑張って頂きたいものである。

私たち技術者は、わが国の社会資本のあり方を各人が考え、住みよい社会構築のために引っ張っていく必要があると考えている。
前にある壁をぶち破り、真っすぐ前を向いて歩きましょう!



◇技術士試験へ向けて

 技術士(総合技術監理部門を除く技術部門及び総合技術監理部門の選択科目)の筆記試験まであと215日となりました。
まだ、平成21年度の口頭試験の最中ではありますが、そろそろ本腰を入れて試験へ向けた行動が必要な時期です。
業務も繁忙期に突入していますが、業務において『技術士としての視点』および合間を見ての勉強が大事であろう。

もう既に対策を立てて実行されている方も多いと思います。
さあ、頑張りましょう!

私のスケジュールでは以下のように考えております。

1月~3月
  過去問を主体としたキーワードの抽出と関連付け
   上記キーワードを利用した論文作成
   これまでの業務の棚卸(業務経歴)

4月
   受験の申込
    インターネット受付 平成22年4月1日(木)から4月15日(木)まで
    郵送及び窓口受付  平成22年4月16日(金)から5月7日(金)まで
    業務経歴証明書については、口頭試験で聞かれる重要な資料となるので再度確認すること。
    建設白書が発売されるため、白書の通読と理解

5月~8月
  建設一般と専門のキーワードを自由に論文に反映できるようにひたすら論文の作成

8月8日
  筆記試験【第1ステージ】

8月~10月
  筆記試験の復元と体験論文の作成

10月下旬
  筆記試験の合格発表(例年からの予測)
  口頭試験の対策

10月~12月
  経験及び応用能力の整理
  体系的専門知識
  技術に対しての見識技術者倫理
  技術者制度の認識

12月~1月
  口頭試験【第2ステージ】

3月上旬
  口頭試験の合格発表

技術士二次試験の実施について(トラックバック

安価でよいものを

新年が明け、もう3日が経った。
あっという間の正月休みであった。
久しぶりに毎日飲んだような気がする。

さて、明日から気を引き締めて仕事に子育てに気を引き締めて頑張らなくてはいけない。


◇デジカメを購入
突然ではあるが、今、続いているデフレもわれわれ日本人特有である防御的性格によるものではないだろうか。

日本には、1400兆円もの貯蓄がありながら836兆円もの借金もある。
借金をGDP比でみると約2倍の借金があるが、フランス、アメリカでも92.4%しかない。
景気対策は重要な問題である。

これ以上の1000兆円を超えるようなことになると大変厳しい状況になる。

わが国の税収は1990年(バブルの年)で、60.1兆円もあったものが、1995年には51.9兆円、2005年には50兆円を切り49.1兆円まで下がり、2010年には37.4兆円の収入しかないといわれている。
一方、予算はそれに反比例して1990年には66.2兆円だったものが、2010年には92.3兆円になる。景気が悪くなると予算が増える傾向にあるが、この予算と収入の差額が国の借金となる。


正月で人の動きや買い物なのでどれくらいの経済効果があったのだろうか?
子どもたちは、お年玉により収入があるが親や社会人が少ないながらお年玉としているが、経済として動いているわけではない。

そこで、少しでも経済に貢献できるように家の財務省を説得して衝動買いであると少々わかりながらデジタルカメラを購入することとした。
ただし、予算がないことで安価な買い物となった。

数年前に買ったデジカメは確か600万画素で4万前後したのではないだろうか?
今回の機種は1000万画素でなんと、1万円程度であった。
1/4の金額で約2倍の表現力がある。
技術の躍進はすごい。
十分な機能を備えている。

日本の強みである技術力をさらに磨くことで、まだまだ日本には底力はあると確信した。
私も土木業界にも更なる、技術力の向上が重要であると感じた。

高価なものを買えばそれだけ利益もあるが、安価なものは利益率は基本的に低い。
内需の拡大がなければ、まだまだ借金は増える傾向にある。

家庭で防御的に貯蓄へといく傾向にあるが、たまには浪費もすることでこれまでのデフレスパイラルを打開したいものである。

今話題の「環境問題」「雇用問題」にしても一人の考え、消費で少しづつでもスパイラルアップに繋げたいものである。
ただし、庶民である私にとってどこまでできるのか?
無い袖は振れないため、個人所得を増加することは近々の課題である。

さあ、新年景気を良くし、所得を上げるためにも広い視野でものも観る力をや養おう。
その為にも日々の勉強は必要である。

謹賀新年


明けまして
おめでとうございます


旧年中は、いろいろな面での御助言ありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

また、今から親戚との新年会へいってきます。

 | HOME | 

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。