スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きめ細やかな気象情報

本日5月27日から、大雨や洪水などの気象警報・注意報を従来の地域別から市町村ごとに変更することになった。
気象庁の大雨などの警報が変わります」より。

大雨警報発表時において、特に警戒を要する災害を、「大雨警報(土砂災害)」、「大雨警報(浸水害)」と警戒名と併記され、より分かりやすくするようである。

今まで、大きな地域に警戒情報を発表してもゲリラ豪雨など狭い場所への対応が難しかったことと、発表される地域が広範囲になるため、各個人の自主的な避難行動に対応できなかったなどの問題があったと考えられる。
以下のような課題が挙げられていた。

・避難勧告等の判断・伝達に課題
・避難勧告を受けても避難しない。
・高齢者等の災害時要援護者が被害
・局地的な大雨による河川の増水による災害


今後は、市町村ごとに警報を出すことでより正確な情報がでることで住民の危機管理に大きく役立つと感じている。

レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)という画面で、現在の降水・雷・竜巻情報が動画で1時間前まら1時間後まで予想できるものもあった。

情報化社会となり、予測の精度も上がりよりゲリラ豪雨にも対応でき、より安全に安心して生活できるようになれば幸いである。ただ、確立よるものであるため、過信しすぎないようにし、自分の判断も重要と考える。

昨年度は、台風の上陸もなかったが、これから梅雨、台風の時期になるが、今年も災害のない年であってほしい。
スポンサーサイト

早期終息を

ご無沙汰しております。
公私ともに忙しく、ばたばたしており、風邪の看病をしていたら自分もひいてしまいました。
健康管理をもう少し気をつけなければいけないと感じた最近でした。

最近のニュースで、「口蹄疫」が話題になっております。
田舎の現場を走ってみると、白い道路が多い。

消毒液の石灰により白くなっていたものである。
地区毎、農家毎が外に出さない。外からもらわない。ようにお互いが危機管理をしているからだ。
農家の方々は本当に、眠れない日々を送られているようである。


自分たちが出来ることは、何があるだろうか?

自分たちもこの感染に関与しないように予防に努めることと、安全である牛肉、豚肉を消費することもあるだろう。


移動制限のかかった畜産農家の皆さまには、この危機を一日でも早く乗りきられるように、心からお祈り申し上げます。
早急な解決を願うばかりです。

時間は待ってくれない

あっという間に試験まで、あと90日を切りました。

業務に追われて思うように捗っていませんが、もう少し時間をつくり勉強しなければいけないとあせり始めています。
今年は、「国土交通白書」も7月以降の夏に発売の予定です。
そのため、白書に頼らない?いや白書を先読みするためにも以下の重点的施策が重要ではないでしょうか・・・。

国土交通省の重点的施策に基づいた問題となるのではないでしょうか?
その中でも、基本系としては「あり方」「今後の課題」を考える必要があります。

「重点政策2009」としては

1.活力ある経済社会と地域の形成
2.地球環境問題への積極的対応と豊かな暮らしの実現
3.安全・安心の確立
4.観光立国の実現

これらを踏まえて私たちが技術者としてわが国を牽引する解決策を提案する必要があると思います。
以前にもこれには触れていますが、技術者としてのそれぞれの考えを書く必要があるのではないでしょうか。

頑張りましょう。


国の借金 883兆円

国の借金最高の882兆円、1人693万円に

 財務省は10日、2009年度末時点の国債や借入金などを合わせた「国の借金」(債務残高)が、前年同期に比べて36兆4265億円(4・3%)多い882兆9235億円で過去最高になったと発表した。


 景気後退に伴う相次ぐ補正予算の計上で、全体の約7割を占める普通国債の残高が8・8%増の593兆9717億円に膨らんだことが大きな要因だ。

 総務省の4月1日現在の人口推計(約1億2739万人)に基づいて計算すると、赤ちゃんを含めた国民1人あたりの借金残高は約693万円となる。

 09年度は、当初予算で前年度より7兆9460億円多い33兆2940億円の新規国債を発行した。

 その後も、経済対策を盛り込んだ第1次補正予算で10兆8190億円、税収の大幅減などに対応するため第2次補正予算で9兆3420億円の国債をそれぞれ新たに発行し、借金が膨らんだ。

(2010年5月10日19時42分 読売新聞

◎国の借金882兆円=過去最大を更新-09年度末
国の借金は、普通国債のほか、特殊法人などへの貸付原資となる財投債と一時的な国の資金不足を補う政府短期証券、借入金などの合計。09年度は普通国債が48兆360億円増の593兆9717億円に膨らんだが、財投債(8兆8248億円減の122兆2253億円)や借換債の前倒し発行が予定より減少。借金の合計は当初見込んでいた約900兆円をやや下回った
 今年度は税収を上回る約44兆円の新規国債発行が予定されており、増加ペースが加速。10年度末の借金は973兆1626億円に達する見通しだ
 日本国債は1400兆円の個人金融資産を背景に、残高の約95%を銀行などの国内投資家が安定的に保有し、10年物国債の流通利回りは1%台前半で推移している。半分以上を海外投資家が保有し財政危機に陥ったギリシャとは違い、短期的な金利高騰リスクは低いとされる。


財務省 平成22年度3月末現在高(平成22年5月10日)

 | HOME | 

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。