スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速無料化について

前原大臣就任会見
「高速道路無料化」

ケンプラッツに「首都高速と阪神高速以外の無料化が原則」として高速の無料化についての記事があった。

 民主党のマニフェスト(政権公約)の目玉の一つが、高速道路無料化だ。鳩山由紀夫首相は9月25日の記者会見で、内需を刺激する政策の一つとして、高速道路無料化を行うことを明言した。複数の報道機関の調査では、無料化の是非を巡って国民の意見は割れている。無料化に伴う経済効果に期待する声がある半面、他の交通機関への影響を懸念する声もある。地球温暖化対策との整合性なども疑問視されている。  

前原誠司国土交通相は就任前、ビジネス誌「週刊東洋経済」5月2日・9日合併号のインタビューで、「私自身は無料化に反対」と述べていた。9月17日の就任会見でも高速道路無料化のテーマに質疑が移ると、歯切れの悪さが目立った。前原国交相は「前政権の政策をすべてなしにするのは、国民の理解が得られない」との認識を示した上で、「社会実験やシミュレーションによって影響を精査したい」と慎重に取り組んでいく姿勢を示した。       ~ケンプラッツ引用~



高速道路の無料化に賛成であった知事はの3人のみであり、暫定税率廃止反対も20人であった。(中国新聞
この内容をみても、単純に高速道路の無料化には反対の意見が多い。

東日本高速道路においての年間の維持管理費は1600億円であり、この金額をかけることでより安全で快適な道路を提供しているのである。この維持管理費が無くなると走行時に最も大切である路面性状(三要素:わだち掘れ率、平坦性、ひび割れ率)に問題が生じ、安全な走行ができず事故の発生確立なども高くなるなど懸念できる。

また、法面などの維持管理も粗悪となり植生の管理が行き届かなくなることで、法面の植生工の崩落などにより法面崩壊等も発生し、災厄のシナリオでは車道部の崩落等にもつながり通行止め等に至ることもある。
無料化しても問題なく安全を確保して快適な走行ができるのであれば、この維持管理に関しては問題ないと考えれるが、その他として、公共交通機関などのバス、電車、フェリー等への配慮、環境負荷低減に向けての総合的な判断も必要であると考える。

そのためにも、いろいろなシュミレーションにより未来予想を行い、国民の意見を十分に聞き合意形成を図った政策が必要であると考える。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kensetu0811.blog55.fc2.com/tb.php/141-d4ed523c

«  | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。