スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路無料化について

先日口頭試験を受けられた本当にお疲れ様でした。
まずまずのできだったと伺いました。
皆さんこれまでの頑張られた成果を十分発揮できたのではないでしょうか。

お疲れ様です。
今しばらくゆっくりしてください。
また、これから試験を受ける方は頑張ってください。

口頭試験の発表は平成22年3月5日の予定であります。



高速道路無料化について
 ~高速無料化、本州含め試行方針 馬淵副大臣~

 国土交通省の馬淵澄夫副大臣は6日、共同通信社のインタビューに応じ、2010年度に実施を予定している高速道路無料化の社会実験について「日本全国が対象に入ってくる」と述べ、北海道などに限定した形ではなく、本州も含めた全国の路線から試行区間を選ぶ方針を明らかにした。
 馬淵氏は、社会実験は多様な場所で渋滞など無料化の影響を見極めることが目的として「(特定地域に)分断した形ならやらないのと同じ」と指摘。地域経済を活性化するためにも、全国各地で無料化を試行する必要があると強調した。また既に作成した社会実験の素案でも、実施地域については「限定的なものは予定していない」と説明した。
 一方、10年度概算要求に盛り込んだ社会実験の費用6千億円について「多すぎる」(野田佳彦財務副大臣)とする声が出ていることについて、馬淵氏は(1)渋滞激化(2)公共交通機関への影響(3)二酸化炭素(CO2)排出量の増加―などが過大にならないよう対象路線を絞り込むとし、圧縮に取り組む姿勢を見せた。
2009/12/06 19:53   【共同通信動画

これを読んで高速道路無料化を地域限定の北海道という部分的な政策ではなく、幅広い視点でわが国全体のことを考えた発表であったと感じた。
この無料化を踏み切ることにより、貨物、フェリーなどの影響は避けられない。
問題の抽出と経済の関係を十分に考え、維持管理面まで踏まえた長期的な計画を立ててほしい。

6000億の内容は、高速道路料金の段階的な無料化に向けて、交通の変化や渋滞の発生などの影響を把握するために実施する社会実験の関連経費である。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kensetu0811.blog55.fc2.com/tb.php/157-1cc63ce1

«  | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。