スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいコンクリートとは

 橋梁を材料別にみると、鋼橋、鉄筋コンクリート橋、PC橋、PRC橋、複合橋等がある。
その中でコンクリートの材料について記載する。
 コンクリートは、セメント、水、細骨材、粗骨材、混和材料から構成されます。

 良いコンクリートとは、フレッシュコンクリートの段階において、作業に適した流動性を有し、材料分離が発生しにくく、かつ、適度の凝結時間を持つ必要がある。硬化後においては、所要の強度・水密性および耐久性を十分満足し、体積変化が少なく、均等質な品質を具備することが重要である。また、コスト面において経済的に安価に造られるコンクリートであることが望まれる。
 この具備すべき品質は、構造物の用途・種類・重要度・構造物が置かれる気象・環境条件、あるいは施工条件等によって異なる。例えば、マスコンクリートとなるダム等の場合、十分な水密性や耐久性を確保するため、温度ひび割れを防止するよう、温度制御対策(水和熱の小さいセメントの選定・単位セメント量の低減など)されない場合は、他の品質が満足されていても耐久性が劣ることになる。
 一方、施工性の面では,主として土木分野で用いられる硬練りで品質の優れたコンクリートは、せき板の間隔が狭く配筋の密な建築用としてはワーカビリティーの面で不向きである。逆に軟練りコンクリートは、品質並びに施工性の面で土木工事用として十分適しているとはいえない。このように、コンクリートの品質と施工性はトレードオフの関係であり、特に橋脚や建築用コンクリートはこの性質の板挟みの関係にある。また、あらゆる条件に対して最良の品質を持つコンクリートは、一般に不経済なことが多い。このようなことから、要求された条件を、許される範囲内で満足するコンクリートが良いコンクリートといえる。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kensetu0811.blog55.fc2.com/tb.php/17-170c1dd3

«  | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。