スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1月も今日まで、早い

1月もとうとう今日までである。
最近、月日の過ぎるのが早い。

繁忙期になり、なかなか思うように業務が進まない。
しかし、地方の業務は激減し、以前のように活気もないのも事実である。

◆自碇式吊橋
日経コストラクションに自碇式吊橋が記載されていた。
勉強していないので、はっきり分からないが、パッと見た目でこの構造で本当に大丈夫だろうか?と疑問に思った。それは、桁に大きな圧縮力が働くため、主桁の剛度がかなり必要だろうと思ったからである。おまけに、西側と東側でそれぞれ180m、385mと約2倍も径間長が違う。
主桁の形状は左右が同じだと思うが、実際どうなのだろう。

主塔が1つの自碇式吊橋は、世界で始めての試みであるようなので完成が楽しみである。

このような橋梁は複雑な計算が必要になるが、電算技術の向上と新材料が開発されるために可能となった。コストも面も触れられたいたが、コスト縮減は大事であるが、今後は長期的に維持管理しやすいものをつくることも大事だと考えている。
点検する時にも細部を調査できない構造も多々ある。これらも当初設計で配慮するべきだろう。

また、自碇式の吊橋は、存在感ある橋梁となりシンボル性も高いため、サンフランシスコの「観光」の面でも大変期待できるであろう。
このように土木は、交通の利便性という機能と別に、シンボルとしての位置づけもあるため、観光の面でも魅力を発揮できると思う。

雇用不安や貧困問題で疲弊したわが国も、雇用促進と利便性向上を兼ね備えるのためにも土木分野は重要なポジションにあると考える。
また、観光立国として快適な移動が可能となる道路ネットワークの整備や技術のアピールにもつながるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

[85]

調査会社が働いていますが、この橋どうやって点検すんねん!ってものありますよね。先日もたまたまありまして、運良く日本に5台しかない点検車が1台だけ空いてまして調査できました。調査するときの事を少し考えて欲しいです。

[87] 注目してます

施工屋風情が言うことではないですが、縦を吊るから、横桁を吊るに考えが変わってきたので、この形式が出てきたのかなと思ってます。
注目の物件ですから、設計から施工、維持管理まで詳細記録が残るでしょう。大きな圧縮力下でのコンクリートに関して、面白いデータが出てきそうな気がしてます。
コンクリート工学1月号で名大の国枝先生が「唯一性」というキーワードを出されてます。公共性が高い土木では簡単ではないですが、橋梁からかな…という思いが。いずれ注目の構造物、観光資源になるのでしょう。この価値観軸が今の日本は薄いなと感じてます。

[88] ありがとうございます。

yosat様

コメントありがとうございます。
今後は維持管理重要です。
しかし、形式によっては本当に大変ですね。
頑張りましょう。

[89] 橋梁

u.yan様

御助言のコメントありがとうございます。
橋梁から土木の躍進の目がでればありがたいことです。
今後もこの橋は注目したいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kensetu0811.blog55.fc2.com/tb.php/65-89d6a957

«  | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。