スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の開花予想が発表

今年の西~東日本においては、2月に入ってから冬らしい冷え込みも少なく、最近やや寒い傾向にある。また、北日本も雪が少なめの暖冬傾向となっており、このまま早く春が訪れることが予想される。そのため、桜の開花も平年よりも早めのところが多くなる傾向である。
一番早いところで、3月20日からの開花となる予想も発表されており、今年は東京から桜の開花が始まりそうである。(ウエザーニューズ情報)
最も早くソメイヨシノが開花する地域は東京、神奈川、高知、福岡、熊本の5都県で、3月20日頃が予想されている。

その理由に、今年は、西~東日本では、2月に入ってから冬らしい冷え込みも少なく、また、北日本も雪が少なめの暖冬傾向となっており、このまま早く春が訪れそうである。そのため、桜の開花も平年よりも早めのところが多くなる傾向です。

ここ2~3日は寒くなっていますが、今月の平均気温(17日まで)は、鹿児島12.3℃(平比+3.5℃)、名古屋7.4℃(+3.1℃)、東京8.8℃(+3.0℃)大阪8.0℃(+2.3℃)などとなっている。
まだ、記録的に高い暖冬傾向のままとなっています。

この開花の時期が納品前後になるので、葉桜による花見となるのでしょうか?

まあ、これはさておき、暖冬と地球温暖化との関連影響はあるのでしょか?
年を重ねるごとに、IPCCの予想どおり温暖化傾向にあり、各国で異常気象が続いている。
中国では、最近の大雪をラニーニャ現象による関係が深いあるとしている。その一方で1月中旬は、湿度わずか9%という乾燥した空気に見舞われ40年来の大干ばつもあった。
干ばつと豪雨が世界中で起こり、降雨による2極化するプラスマイナスを起こしているが、そのプラスマイナスの要因は被害を起こすまでなっている。

日本は、四季を感じることのできる国であり、各季節のよさがある。
国際競争力の高い魅力をもった観光も視野に入れた取組みを行っていくためには、住みよい、風情あるわが国に必要なカードである。
これは、お金で買えないものであり、早急に対応しなければならない課題でもある。
これまでの加工、生産技術主体の外需頼みによる収入だけでは、今後の経済の維持は難しいため、内需と観光による海外からの旅行などによる総合的な収入の確保も必要である。
ひとりひとりが、まずできることを実行して次世代への住みやすい地球環境を継承する必要がある。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kensetu0811.blog55.fc2.com/tb.php/71-e3a53d69

«  | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。