スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RCCM合格発表

本日、RCCMの合格発表があった。
合格された方は、おめでとうございます。
今年クリアできなかった方は、来年また頑張りましょう。
意欲を持って受験すれば、必ず成果はついてきます。
RCCMについては足切りがないため、受験者の努力によっては必ず合格できます。

◆合格基準
平成20年度は、それぞれの問題のいずれについても配点の50%以上を得点し、且つ総合点で60%以上を得点した受験者を合格者とされている。

◆合格率の抜粋
私の気になる部門の合格率がどの程度であったか河川、道路、鋼構造及びコンクリートの合格率を推定してみた。
今年の試験会場は、7箇所で実施されています。

科目

①申込者数

②合格者数

③推定合格率②/③

河 川

237

60

25%

道 路

413

65

16%

鋼コン

123

49

40%


・東京会場での合格発表による
・受験者数:単純に合格者の最終番号
・合 格 率:合格者/受験者数

◆評価
合格率は少し低めになる傾向になっているかと思います。
その他の部門についても、合格率はばらばらであり平均としては30%程度であった。
また、会場によって10%程度の開きもあるのには驚いた。この結果は地域性であるのか、または、新規受験者数と複数取得者数によるものかは不明であるが、何かの偏りがあるのかもしれない。
今年度試験は道路が15%程度と最も低かった。

認定技術者試験

今日は、雨模様です。
なかなかぱっとしない。
先週から風邪をひいてしまっているが、なかなか完治に至らない気がします。
早く治して、繁忙期に備えなければいけない。

◆土木学会認定技術者一級の口頭試問について

昨日、土木学会認定技術者の一級を受験致しました。
地方からの受験のため、前泊しての口頭試問となりました。

試験は、はいどうぞお入りください。
ノック後入室して、挨拶から始まりました。

受験番号と名前を述べ、○○から来ました。本日は宜しくお願い致します。

試験管は40代から50代くらいの方でした。
どちらもコンサルタントの方だと思いましたが、学校の先生にも見るようで、定かではありませんでした。どちらもとても紳士な方で、ソフトな印象のなかに芯のある技術屋さんでした。

特に、コメントなく、淡々と口頭試問は始まりました。
では早速始めます。

①まずはじめに、あなたの今まで、経験された業務について、問題点、解決策、あなたの立場を踏まえ概要を8分程度で説明してください。

②再度確認致します。、今説明されましたが、問題点と解決策を詳細に説明してください。

③コンクリート標準示方書は改定されていますが、この内容を説明してください。
また、その中で、あなたの考えを述べてください。
なぜ、その内容を選ばれたのでしょうか?

④複合構造について説明してください。

⑤耐震補強について説明してください。

⑥維持管理について説明してください。

⑦倫理、あなたがこれまで行われた業務の中で、倫理的に問題に遭遇された経験と問題点、解決策を述べてください。

以上で口頭試問を終わります。
ありがとうございました。宜しくお願い致します。

大まかな、試験の項目はこのような内容でありました。
口頭試問の内容で驚いた点は、これまでの経歴を聞かれず、これまで経験した体験に入った点でした。
今回の試験は、体験論文がすべてであろうと予想された方が多く、それなりに準備しました。また、専門もある程度想定内の内容でした。(皆さんありがとうございました。)
質問内容は、体験論文についての質問が主となり、半分以上のかなりのウェイトを占めておりました。

今回の口頭試問での判定基準は、技術者としての資質、技量を判断されたのではないかと思っています。

回答に困る抽象的な表現の問題も多いでしたが、高い視点(俯瞰的)をまず提示し、試験管がうなづかれたことについて確認しながら説明しました。
また、基本的に一人の方から質問を受けそれに回答、「ほかにありませんか」と別の試験管に尋ね各項目が進みました。

何度か、この回答でよいのか?と悩む場面もありましたが、試験管に助けられながら進められたという印象もありました。
今思えば、表現が適切でない点もあったかと思います。表現力、ロジカルな説明力が私の今後の課題でもある。

基本的に誠意ある態度とコミュニケーションを心がけ、大きな声で説明しました。
約1時間でしたが、終わってみれば、あっという間に感じました。
この経験を生かし、土木技術者として誇りある成果をあげるように、今後の業務に役立てたいと思います。

学会試験

土木学会試験

お疲れ様です。
先日からわが稚拙なBlogをご覧また、コメント等頂きまして誠にありがとうございます。
ヤマトさん、九州人さん、コチタロさんにおかれましては、お忙しい中お時間を費やして頂き誠にありがとうございました。

本日、口頭試問が行われ、今帰ってきました。

明日もまだ試験中のため、当然ながら守秘義務があります。口頭試問の詳細は書けませんが、予想以上に体験論文を突っ込まれました。
半分以上はこれだったでしょう。

試験時間は、約1時間程度ありました。
途中、戸惑った場面もありましたが、”最後まであきらめるなの精神”で乗り切ったと思います。
ただ、あまりにも多くしゃべり過ぎたかもしれません。

対話を心掛け、コミュニケーションを図ることに集中して口頭試験をうけましたので、試験管の方にそれなりに伝わったように感じます。
試験管の質問に対する回答で、改めまして質問しますが、ということもありましたが、一通りすべての質問に回答はできたと思います。
この回答がすべてとは思いませんし、本来の回答であったかは分かりません。
あとは、天のみぞ知る。天命をまちます。

今日の口頭試験はいろいろな勉強にもなり、今後の土木技術者としてステップアップできたような気がします。
ありがとうございました。

また、これから技術士に向けてがんばろう。

今から

本日、試験に向け上京します。
とうとう明日になりました。
ばたばたとしながら行く感じです。
ただ、まだ仕事が終わりません。

はやく片付けて、明日の準備をしなければいけない。
地方からなので、昼から空港に向かいます。

さあ焦らす、広い視点で口答試験に望もう!!!

コチタロ様、今朝、コメントありがとうございました。
頑張ってきます。

口頭模試??

今日は、現場で職員の方と勉強会でした。
雨模様での点検の方法をレクチャーした。今から維持管理の管理カルテを作成していくようである。
今後職員の方々とも、また、住民の方ともこのような機会を持ちながら、維持管理業務を遂行できればありがたい。住民参加まで持って行ければ、必ず維持管理は成功するだろう。
延命化、アセットマネジメントはPIなくして始まらないのではないでしょうか?

◆模  試
全然勉強が進まない中で、本日急遽、ヤマト様と九州人様のレクチャーがありました。
九州人さんとは初めてSkypeで話いたしました。
彼も、今スパーマンのように忙しい日々を送っている中での参加に感謝しております。
ヤマト様にも、甘えっぱなしです。
ヤマト様も全く今週も時間なかったはずですが、時間を作って下さいました。

ものすご~く勉強になりました。
詳細は秘密です。?

こちらが、本来話さなければいけないのですが、「のどを大事に」という趣旨のもと始まりました。
あっという間に時間が経過しました。

内容は、さて、何だったのだろうか?
考えてみましたが、今までやってきたことをしゃべればいい。
これだけでした。

本当に幅のあるいい勉強でしたが、実際、口頭試問にこれを発揮できるかは、私の「声」と「気持ち」だと思っています。
土木をやっている人で飾らない方ほど素晴らしい技術者ではないかと感じています。
今までの、経験を素直にしゃべることとする。

全く勉強せず、東京へいくことになりそうです。
これは深夜の出来事でした。

お二人様、深夜の熱弁ありがとうございました。
頑張ってきます。

今から、復習します。

«  | HOME |  »

プロフィール

コン太

Author:コン太
建設技術者
一歩一歩、地道に頑張ります! 


最新記事


最新コメント

  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • コン太:久しぶりの更新 (03/09)
  • いなかもの:久しぶりの更新 (03/06)
  • 九州人:久しぶりの更新 (03/06)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • p07mrfc:結果だけではないが・・・。 (09/04)
  • コン太:結果だけではないが・・・。 (09/01)

    最新トラックバック


    リンク


    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示


    FC2ブックマーク


    ★最新情報 RSS★

    RSS表示パーツ

    *


  • 検索フォーム


    カテゴリ

    技術士 (40)
    コンクリート診断士 (7)
    維持管理 (5)
    建設一般 (7)
    材料 (8)
    劣化 (1)
    仕事 (7)
    資格試験 (25)
    日常 (45)
    いろいろ (14)
    問題 (0)
    環境 (8)
    政治 国土交通 (13)

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。